脚の部分痩せについて

脚太りは、「脂肪太り」、「水太り」、「筋肉太り」の3種類に分けられるといわれています。

「脂肪太り」は、ヒザの周りがぷよぷよしていて、太ももを指でつまむことができる状態のことをいいます。

この場合は、スクワットなどの太ももを動かす運動やマッサージやストレッチなどが有効です。

「水太り」の場合は、夕方になると足がむくんでくるのが特徴です。

太ももを押してみて、へこみが戻らなかったら注意が必要です。

この場合は、主に血行不良が原因なので、マッサージが一番よいと思われます。

リンパの流れにそって、ヒザの内側をマッサージするとよいでしょう。

特に入浴中のマッサージはおすすめです。

そして、スポーツをしていた人が、やめた後も同じ量の食事をとることでおこるのが「筋肉太り」です。

見た目は筋肉っぽく見えますが、実は、ただの硬い脂肪なのです。

この場合は、運動をして筋肉をほぐし、代謝をあげることが大切なので、あまり激しくないスポーツがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です